読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もなかアイスの試食品

「とりあえずやってみたい」そんな気持ちが先走りすぎて挫折が多い私のメモ書きみたいなものです.

さくらのVPS(972円/月)を契約した話

最近、何かアプリケーションを作りたいなーと思いつつもやっていない

関わっている案件(炎上)では、DBサーバやらWEBサーバやらサーバ・システムが結構絡んでいる

普通のWindowsアプリじゃなくて、サーバを使った何かだったらアイディアが出てくる気がする・・・

ただ自宅にサーバ(物理)は火事が怖いし、固定IPじゃなかったり

というわけで、個人でクラウドまたはVPSを契約しようと思った

お金払えば絶対何かしらやるさ

クラウドVPSの違いは・・・各社が提供している機能・サービスを比較してもわかりにくい・・・

ザックリ個人的な解釈では、以下の感じ

VPS(バーチャル・プライベート・サーバ)
インターネットにつながっている単体の仮想OS。一度契約したハードウェア資源は変更ができない。変えたい場合は、契約解除しないと行けない。また、複数VPSを使ったサービスは構築しづらい(WEBサーバとDBサーバを分けるみたいな)


クラウド
VPSの発展版(と思っている)。会社によって、仮想的なハードウェアが使用できる(ロードバランサ、ファイアウォール)。ハードウェア資源の変更が可能(?)。また契約しているサーバ・機器にプライベートなIPが振られている。

何か世界に役に立つようなサービスを作るわけでもないし、実験的なことしかしないので、VPSで良さそう。

VPSクラウドの契約の怖い話

さて、どこのサービスに契約しようかなと考え始めた時に、「攻撃」を受けた時にどうなるか心配だったので調べてみた。

すると中々恐ろしい話をいくつか見つけた

qiita.com

www2.gyafuuuun.com

結果的に解約したらしい。GMOェ・・・

また結構昔とは言え、sshのポートが変わったり

ServersMan@VPSはヤバい – 日曜研究室

おぉ怖い怖い

さくらのVPSにもネガティブなブログがあった

さくらのVPSは突然制限かけられて激重になるから要注意 | GUiLZ.ORG

AWSは従量制というただ料金体制が怖い(料金の計算が面倒くさいだけ)

最終的にさくらのVPSに決定

ネガティブな情報からすると、さくらのVPSが問題なく使えそう。

というわけで、さくらのVPSのメモリ1Gを契約した。

攻撃を受けても大丈夫なように、iptablesの設定をちゃんとしなくては(゚A゚;)ゴクリ